poetry

海 太郎 詩集

未来からくる列車にのって  
    日曜動物園にやってきた

 

 

ご購入はAmazonで!

   ラブ

 

夏がくればそれだけでこころがウキウキします
あなたあての短い夏の便りは
もう書き終えたけれど
今年は届けることができません


どうして暮らしていますか

朝の食事はきちんと食べていますか

仕事をぐちる口もとは
きっとひきしまっていますか

 

土曜日の夜にはいつもくりだしていた

梅田のベコーのママは元気でしょうか

エナメルのひかる靴はいてネクタイしめて

あなたと酒を飲みにいきたい

 

電話もずいぶんとだえて声も聞けないけれど

海の波に照りつけるおひさまの輝きに似た
あなたのひとみは
まだあの頃のようですか

 

あなたに打ち明けるわたしのこころは

買ったばかりのスーツのようにぎこちないけれど

遠いところでじっと
あなたを見つめています

 

旅先の喫茶店で紅茶を飲みながら窓際にすわって

あさの会話をたのしむ人達を見つめています

絵葉書にぴんとした切手をはって
あなたに届けたい

 

しかくな葉書のまんなかに

元気でと書くことだけが

精一杯のわたしの

 

あかんたれ